厳選!プロで稼ぐフリーランスの仕事とは?

厳選!プロで稼ぐフリーランスの仕事とは?

Pocket

プロで稼ぐ 厳選フリーランス!

会社員から 副業フリーランス
専業主婦から 副業フリーランス
数か国語を話せるから 副業フリーランス
介護の仕事から 副業フリーランス
独自の医療から 副業フリーランス
ニートから 副業フリーランス
学生から企業して 副業フリーランス
引退してから 副業フリーランス

国家資格で副業フリーランス

一般的に「国家資格」とは、その名の通り国が認定する資格のこと。
その中には、資格を持っていないとその仕事に就けない「業務独占資格」(例:医師、弁護士など)、有資格者でなくても仕事はできるが、取得者でなければ名乗ることのできない「名称独占資格」(例:中小企業診断士、マンション管理士など)、その仕事に就くにあたり基準となる「任用資格」などに分類されています。

セキュリティ分野における国家資格には、「情報セキュリティスペシャリスト試験」に代わる試験制度として2017年から開始された「情報処理安全確保支援士(以下、支援士)試験」があります。

主催団体独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
URLhttps://www.ipa.go.jp/siensi/
支援士は、「情報処理の促進に関する法律」に基づいて経済産業大臣が認定する国家資格で、サイバーセキュリティに関する相談や情報提供、助言、状況調査や分析などを通じて企業などでの情報セキュリティの確保を支援する人材の資格です。
情報システムや組織に対する脅威や脆弱性を評価し、技術面・管理面での有効な対策を遂行できるセキュリティエンジニアや情報システム管理者を目指す方に最適で、情報セキュリティの重要性はますます高まっており、いま最も旬なエンジニア資格です。
支援士として活動するにはIPAへの登録が必要です。

試験の難易度としては、合格率が約16%と、半分以上の人が不合格になってしまう試験ですので、しっかり準備することが必要になります。試験対策を練ることが必要です。

主催団体独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
URLhttps://www.jitec.ipa.go.jp/sg/

情報セキュリティマネジメント試験は、情報処理の促進に関する法律第29条第1項の規定に基づき経済産業大臣が行う国家試験である情報処理技術者試験の一区分です。

情報セキュリティマネジメントの企画や運用を通して、企業や団体の情報セキュリティに貢献しながら、ウイルスなどの外敵から団体を守るための基本的な知識や技術を図る試験で、マネジメントをする人向けの試験になるので、エンジニア向け試験と比較すると少々難易度としては低い印象です。合格率も60~80%と非常に高くなっておりますので、初心者でも挑戦しやすい資格であるといえます。

公的資格

公的資格とは、国家資格と民間(ベンダー)資格の中間に位置付けられるような資格で、民間団体や公益法人が実施し文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定する資格のことです。
今回のセキュリティ分野の公的資格としては、国家資格、企業が主催するもの以外の資格として、一般社団法人、一般財団法人などが主催する下記の資格を整理しました。

主催団体一般社団法人セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)
URLhttps://www.spread.or.jp/kentei/supporter/
初心者の方が疑問に感じたり困ったりしたときに、インターネットを安全・快適に使うためのアドバイスをする身近な相談相手として、サポートを必要としている人の話を聞いて、必要なセキュリティ対策をアドバイスできるレベルの検定試験です。全てマークシート解答方式です。

難易度 合格率 受験料
★☆☆☆☆ 概ね70%(平成24年度) 4,000円

合格に向けての参考記事
「SPREAD情報セキュリティサポーター能力検定」取得への道

合格に向けての参考記事
「SPREAD情報セキュリティマイスター能力検定」取得への道

主催体ネットワーク情報セキュリティマネージャー推進協議会
URLhttp://www.nism.jp/
ネットワーク情報セキュリティマネージャー(NISM)は、ハッカーやサイバー攻撃の脅威に対処するため、情報セキュリティのスペシャリストを育成・配置することを目的として創設された資格制度です。
取得することで、セキュリティエンジニアや情報セキュリティ管理者として活躍するための高度なスキルを身につけることができます。ネットワークを構築・運用する技術者の方や企業の情報システム担当者の方にとって、情報セキュリティのスキルを高め、キャリアアップにつなげられる資格で、資格取得には、2~3日間の講習会を受講いただき、最終日の認定試験に合格いただくことが必要になります。

難易度 合格率 受験料
★★☆☆☆ 非公表※1 64,800円(税込)〜

※1:2017年度の新規取得講習会では、受講者全員が取得(講義をしっかり受講すれば問題なく合格できる試験です)

主催団体一般財団法人全日本情報学習振興協会
URLhttp://www.joho-gakushu.or.jp/piip/piip.html
「個人情報保護法の正しい理解と安全管理に関する体系的な理解」及び「企業実務において個人情報の有効活用や管理・運用を行うことのできる知識や能力」をもつ人材を認定する同協会主催の「個人情報保護士認定試験」の合格者を個人情報保護士と呼ぶ。2005年の個人情報保護法全面施行にあわせ開始された試験です。

主催団体一般財団法人全日本情報学習振興協会
URLhttps://www.joho-gakushu.or.jp/isme/
「情報セキュリティ管理士」および「情報セキュリティ初級」は、ネットワーク技術者だけのための試験ではありません。技術者の方々はもとより、人事・総務・経理などの事務系や営業系の方々、管理職の方に受験してほしい検定試験です。

主催団体一般財団法人全日本情報学習振興協会
URLhttp://www.joho-hogo.jp/is_aud/
「情報セキュリティ管理士認定試験」 または 「情報セキュリティ検定試験1級」の合格者 を対象としています。

内部監査の重要性を理解し、監査を初めて実施する組織、監査を始めて間もない組織の方々に受講していただきたい講習会です。

主催団体CompTIA
URLhttps://certification.comptia.org/ja/certifications/security
CompTIA Security+は、世界規模で認定されている基本的なITセキュリティの知識とスキルを評価するベンダーニュートラルな認定資格です。
セキュリティの大原則となる、セキュアなネットワークの維持とリスク管理について出題されています。ITセキュリティでのキャリアを築く上で、重要なファーストステップの認定資格となっています。

主催団体ISACA(情報システムコントロール協会)
URLhttp://www.isaca.gr.jp/

CISMは、情報セキュリティの国際的資格であり、日本語名称を『公認情報セキュリティマネージャー』と呼称します。ISACA(情報システムコントロール協会)により、2002年に資格制度が創設され、2003年度より試験が開始されました。
特に以下の観点を考慮して実施されています。

民間(ベンダー)資格とは、様々な機構が実施している試験のことです。
このベンダー資格は実施団体が製造・販売するソフトウェアに対する技術や知識を問われる試験が多く、より技術的・専門的なものとなっていることが多い試験となっている傾向です。
セキュリティ系の民間(ベンダー)資格は、国際的に認められている資格が多く、より専門的なセキュリティエンジニアを目指すにあたってぜひ取得しておきたい資格です。

下記の資格を紹介させていただきます。

主催企業シスコシステムズ
URLhttps://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications.html
こちらはシスコシステムズ社による国際資格の1つで、世界的に見ても広く認められている資格になっておりますので、エンジニアの方は目指したい資格と言えるでしょう。
初心者向けのエントリー資格(CCENT)から、エキスパート向けのCCIEまで、各レベルに応じた技術者を認定できる資格となっておりますので、当ページでは、このうちセキュリティ分野の資格を紹介いたします。

主催企業(ISC)2
URLhttps://japan.isc2.org/

(ISC)2が主催するCISSPやSSCPなどの資格は、世界的に見ても情報セキュリティ資格の最高峰と言える資格で、セキュリティ分野でその道を極めたい方はぜひとも目指したい資格です。

国内世界のコンサルタントやインフルエンサーは、

「集客!集客!」「売上アップ!」「営業力アップ!」「フォロワー数を増やすには?」「最新の〇〇集客方法」「〇〇営業法」「ニッチを狙え!」「差別化しろ!オリジナルになれ!」「コピーライティング!」「ワクワクする方へ!」「好きなことをしよう!」と、みんな、声高に言っていますが、全て反対の考え方を持っていますよね。((´∀`))ケラケラ

昨今、InstagramやFacebookを始めとしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やYouTubeを筆頭に動画共有サービスが世の中に浸透しました。それにより、企業から発信する広告の打ち出し方が変わってきています。その中で生まれた手法のひとつが、インフルエンサー・マーケティングです。( ノД`)シクシク…

Instagramは SNSの中でも特に注目が集まっており、Instagram上で活躍するインフルエンサーを指す”インスタグラマー“という言葉も生まれたほど。その月間アクティブユーザーはなんと全世界で8億人を超え、さらにその中の5億人は毎日利用しているそうです。※2017年9月時点
引用元:Instagramの月間アクティブ利用者数が8億人を突破、より安心してInstagramを利用できるツールのアップデートと取り組みを発表 | Facebookニュースルーム

主催団

①マイクルインフルエンサー

マイクロインフルエンサーは、1〜10万人のフォロワー数を抱えた人を指します。
インフルエンサーと比べると影響力は少ないですが、一定のコミュニティ(フォロワー)に影響を与えることが可能です。この階級であれば著名人はもちろん、一般人でも多数いる為、起用もむずかしくはありません。マイクロインフルエンサーはフォロワーが密接に繋がっていることが多く、エンゲージメント率が高いことが魅力です

③著名人のご紹介

本サイトにてご紹介しております。そちらをご確認ください。

インフルエンサー・マーケティングが注目される理由とは

それから、原理原則に加えて時流が重要だと考えてます。ビジネスにはトレンドがありますから。

今の時代がどんな状態なのか、今後どうなるのかをまとめた記事はこちらです。この記事はこのブログの記事の中でSNSで一番人気でした。

プロで稼ぐ 厳選フリーランス!独立

安心福利保険!60才でも学生企業Seフリー安心保険1年で独立勝組フリーランス!

会社員から 副業フリーランス 独立
専業主婦から 副業フリーランス 独立
数か国語を話せるから 副業フリーランス 独立
介護の仕事から 副業フリーランス 独立
独自の医療から 副業フリーランス 独立
ニートから 副業フリーランス 独立
学生から企業して 副業フリーランス 独立
引退してから 副業フリーランス 独立

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする