自分の店舗(会社)の自己診断方法?

自分の店舗(会社)の自己診断方法?

Pocket

自分の店舗(会社)の自己診断方法?

ファクタリング会社(金融会社)の判断とは別に 簡単に自分の店舗(会社)の自己診断をしてみましょう。
計算が苦手な経営者の方は あまり無理をしなくても大丈夫です。

売上債権回転期間の計算を参考にして自己診断をして見てください。

この計算は あくまでも自己診断です。なので無理してファクタリングの会社には話さないで下さいね。聞かれたときだけ話してください。聞かれなければ話さないでください。

1)売上債権回転期間

売上債権回転期間とは、商品を販売してから売上債権を回収するまでにかかる期間を月数または日数で示した指標です。売上債権回転期間は売上債権回転率の分母と分子を逆にして売上高を期間で除したものです。

売上債権回転期間は、期間が短ければ短いほど現金化が早いことを意味するため、良いとされます。売上債権回転期間の算式は以下のとおりです。月数で示すものと日数で示すものがあります。

売上債権回転日数の算式

売上債権回転日数の算式図解

売上債権回転日数の具体例

(例)売上高3000、売掛金200、受取手形100の会社の売上債権回転日数は次のとおりです。
( 200 + 100 ) ÷ ( 3000 ÷ 365 ) = 36.5  A.36.5日

売上債権回転日数の計算

売上債権の合計額と売上高の金額を入力して計算ボタンをクリックすると売上債権回転期間が計算されます。

売掛金 + 受取手形 売上債権回転日数
売上高

クリック金融・ファクタリング例

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする